{{ sideTitle1 }}

{{ sideTitle2 }}

ヘッダー画像 ヘッダー画像

今回のテーマ

共犯関係

少子高齢化に伴う税収減により目前に迫る行政サービスの縮小と、それによってさらに引き起こされる人口減少。旧態依然とした行政システムが疲労を起こす中、私たち市民はどうすればこの“デス・スパイラル“から抜け出すことができるのでしょうか?
10年目を迎える明星和楽では、その解決の糸口として改めて「テクノロジー」と「関係性」に注目。最小のコストで最大の効果をだすことや、個別のニーズに応えることを得意とする「テクノロジー」を駆使し、民間対行政といった二項対立で語られがちな両者の共犯的な「関係性」を築き上げることこそ、肉薄する社会問題への挑戦と捉え、その可能性を模索します。

PLACE

明星和楽2020

11.7sat


14回目 / 10年目となる今年はオンラインにて開催いたします。

参加方法

参加申し込みボタンよりフォームをご入力いただきましたら、メールにて参加者用リンクをお送りいたします。そちらのリンクからご参加ください。

GUEST

SCHEDULE

10:30 - 10:45

オープニング

14回目 / 10年目となる明星和楽2020はオンラインにて開催。オープニングの挨拶を明星和楽実行委員会実行委員長の松口が行います。

松口 健司

10:45 - 00:00

オープニングアクト

Coming soon...

Coming soon...

11:00 - 12:00

GovTechセッション

明星和楽10年目の節目を迎えるにあたって制作したタブロイド紙『明星和楽』 本誌の中でも主なテーマとして取り上げた「GovTech」の動きは今後より一層活発化するだろう。自民党新総裁に赴任した菅氏もデジタル庁を創設。

海外でGovTechが進んでいる各国にはそれぞれの歴史的背景や社会的背景が重なり推進の理由となっているが、我が日本のGovTechの現状はどうなのだろう。客観的に日本の現状を捉え、国内の福岡市をはじめとした事例も取り上げながら、これからの動きについて考察する。

<トークテーマ事例>
・海外のGovTech事例について(日本が参考にできるモデルについて)
・国内のGovTech事例について(福岡市の事例について)
・現場で感じるGovTechの厳しさと魅力とは
・GovTech実現のために重要になるポイントとは
・GovTechで切り開かれる日本の未来とは

Coming soon...

STAFF

{{ currentGuest.name }}

{{ currentGuest.title }}

閉じる

閉じる